お知らせ

2022.06.08

二代目Cafe(7/5)【イベントのご案内】

このまま親子で
言葉のドッチボールを続けますか?

会社の経営について意見が食い違う
ということがあるのは当たり前。

そこで本来なら、
言葉のキャッチボールでコミュニケーション
を取らなければならないはず。

でもこれが親子だと、なぜか、
言葉を相手に思いっきりバーンッとぶつける
まるでドッチボールになってしまい
コミュニケーションどころではなくなっていませんか?

もちろん、
このままでいいとは思っていませんよね?

ところで、子供のころ、
親に言われるとカチンとくることも
友達の親から言われると素直に聞けた
っていう経験ありますよね。

ソレを利用しましょう!

全国の二代目と先代が集まって
お茶でも飲みながら話しましょう。

二代目のあなた。

他の会社の先代の話は素直に聞けそうじゃないですか?

「うちのオヤジもそういうふうに考えてんのかな?」
なんて参考になるはずですよ。

先代のあなた。

他の会社の二代目の話は
頬を崩しながら聞けそうじゃないですか?

「うちの息子もいろいろ考えて頑張ってるのかな?」
なんて見直すきっかけになるかもしれませんよ。

もちろん、
二代目は二代目どうし、
先代は先代どうし、
日ごろのストレスも発散して下さい。

立場が同じなら、共感してもらえるはず。

自分のことをわかってもらえる

というのはとても大切なことです。

二代目Cafeには自分が話していることを
わかってくれる人がいるはずです。

まずは、試しに一度、参加してみて下さい。

日時:7月5日(火) 19:00-20:30
場所:zoom
対象者:二代目をはじめとする家業の継承者あるいは継承予定者
定員:6名様
料金:2,200円(税込)
    ↓ トライアルキャンペーン
   1,000円(税込)
※お振込み確認後にzoom参加情報をお送りします。
申込期限:7月4日(月)までにお申し込みください。

これまでの開催の様子

第6回(6月7日開催)の様子

第5回(5月10日開催)の様子

第4回(3月24日開催)の様子

第3回(2月28日開催)の様子

第2回(1月25日開催)の様子

Cafeマスター プロフィール

牧野 誠(伴走舎 代表/中小企業診断士)

愛知県の建具木工職人の三男として生まれる。大学卒業後、東京でシステムエンジニアの道に。1998年にデロイトトーマツコンサルティング(現アビームコンサルティング)への転職を経て、2006年より沖縄へ移住。沖縄移住後は一般事業会社の経営管理部長やアビームコンサルティングへの5年間の復職などを経て、2016年「牧野誠中小企業診断士事務所」として独立。2019年に「伴走舎」と改称。

二代目にならなかった物語

 #1 建具屋に生まれた子供
 #2 ”たてぐや”になりたかった子供
 #3 建具屋なんか継ぎたくない
 #4 体から消えた木の匂い
 #5 「ここ持ってろ」から「これやっとけ」に。
 #6 建具屋、継がない。
 #7 建具屋、廃業。
 #8 建具屋廃業から四半世紀
 #9 継げるものがあることが羨ましい

なぜ二代目Cafeを開くのか

 #1 二代目Cafeを始めようと思ったわけ
 #2 四代目登場
 #3 どんなCafeにしよっか

二代目にならなかった物語

#1
建具屋に生まれた子供

「建具」って知ってます?
「たてぐ」と読みます。

扉や窓などのことです。

現在はアルミ建具が主流ですが、
日本の家屋は伝統的に木製建具が
使われてきました。
障子(しょうじ)や襖(ふすま)が
代表的ですね。

明治以降はガラスをはめ込んだ
木製建具も作られるようになり、
田舎の木造民家では現在も
木製建具を見かけます。

上の写真のような感じです。
平成の宮城県を舞台にした朝ドラ
「おかえりモネ」の永浦家は
木製建具でしたね。

古くから現在に至るまで、
日本の家屋に使われてきた木製建具。

日本の木造建築を受け継ぐ伝統技術が
ユネスコ無形文化遺産に登録され、
その中には建具製作も含まれています。

日本の伝統技術ですね。

さて私、牧野は、その日本の伝統技術
を受け継ぐ小さな建具店の三人兄弟の
末っ子として生まれました。

父が木工職人の修行を経て、
独立して始めた店でした。

工場(こうば)の中に自宅があるのか
自宅の中に工場があるのかわからない
くらいの小さな建具店。

その場所は、現在は取り壊されて
駐車場になっているのですが、
「こんな狭い土地だったのか!」
と驚かされます。

通いの職人さんが1人、
住み込みの職人さんが2人、
そして父を加えた4人の職人で
営んでいました。

住み込みの職人さんがいたので
朝昼晩の三食は職人さんと一緒。

お風呂も家族と職人さんが
交代で入りました。

人数が多いので次々に入らないと
最後の人が夜遅くなってしまうので
テレビ番組のいいところでも
前の人が出たらすぐに入らないと
父に怒鳴られましたね。

大人ひとり入るのがやっとくらいの
お風呂場でしたが、なんと檜風呂!

建具の木工所ですから、
木材の端切れが山ほどあったので、
お風呂は薪で沸かしていました。
薪で沸かす檜風呂、贅沢でしたね。

当然、お風呂沸かすのは子供の仕事。
上手いもんでしたよ。

中学生くらいになると、
端材をお風呂の薪として最適な長さに
電ノコで切りそろえて準備する、
なんてことも日曜日のお手伝いでした。

#2
”たてぐや”になりたかった子供

建具屋の家に生まれた私。
工場(こうば)と住居が一体でしたから
雨の日の遊び場は工場でした。

端切れを集めて遊んだり
カンナ屑の山に寝転がったり
職人さんの仕事を眺めたり。

職人さんがノミやカンナの刃を研ぐのを
覗き込んだりもしていました。

砥石は真ん中だけではなく
幅いっぱいにまんべんなく使って
均一にすり減るように使わなきゃダメ
とか教えてもらいましたね。

研いでは研いでは使い続け、
新品と比べてとんでもなく短くなった
ノミやカンナの刃。
元の厚さの1/4ぐらいにまで
削れて薄くなった砥石。

そんなのを見ながら
道具の大切さを知ったんでしょうね。

いまでも道具にこだわるのは
そのせいでしょうか。

父にくっついて現場にも
よく行ってました。

建具を入れる場所の寸法を測って
ノートに鉛筆で記入するのを
不思議そうに見てました。
どうしてこれだけの記号で
あれだけの建具が出来上がるんだろう?
って不思議だったんです。

もちろん、長さの単位は寸と尺。

父は鉛筆をノミで削ってました。
その鉛筆を耳にヒョイと挟む。
それ見て「かっこいいなぁ」って。

だから家に帰ると、
自分もマネしてました。

出来上がった建具の納品にも
ついていきました。

現場で建具を入れてみると
ちょっと合わなかったり、
ピタッと閉まらなかったり。

父はそれをその場で
チョイチョイっとなおして
しまいました。

建具がピッタリ閉まらない
ぐらいのことなら、
父の仕事を見てたので
いまでもチョイチョイと
自分でなおしたりしますよ。

工場の職人さんや父の仕事を
みながら育った私。

保育園の卒園アルバムで
おおきくなったらなにになりたい?
の問いにまこと少年は
「たてぐや」
と書いてました。

アルバムを見た父が
ニヤニヤしてたのを覚えてます。

#3
建具屋なんか継ぎたくない

保育園の卒園アルバムに

おおきくなったら”たてぐや”になる

と書いた少年は、小学生になっても
父について現場に行ったり
工場で職人さんの仕事を眺めたり
手伝ったり、なんてことを
ちょくちょくしていました。

小学校に入った時点で
歳の離れた兄たちは中学生
私が小学校の高学年になるころには
兄たちは高校生でした。

「建具屋なんて継ぎたくない」
「家の手伝いをしていて、この仕事、
 自分には向かんと思った」
なんて話が兄たちから出てきます。

まだ小学生の自分は
「なんでだろ?」
なんて思っていたのですが、
兄たちの話を何度か聴いているうちに
自分も大人ぶって
「たてぐやなんか継ぎたくない」
なんてこと言うようになったと思います。

けど、建具屋がキライだったわけじゃ
ないんです。

ただ、兄たちを真似て大人ぶってた
だけだったんだと思います。

父や職人さんの仕事の手伝いは、
わりと好きなほうでした。

ただ、おがくずまみれになってしまう
電ノコを使う作業はイヤでしたが。
夏は特に。

#4
体から消えた木の匂い

家の中に工場(こうば)があるのか
工場(こうば)の中に家があるのか
わからないくらいの小さな建具屋。

小学校に入る前に工場を増築したので
工場(こうば)の中に家があった
と言うのが適切かもしれません。

工場(こうば)では、
毎日、木製の建具を作っています。
出来上がったばかりの木製建具は
とてもいい香りがします。

新築の和室の畳と木の混ざった
香りもいいですよね。

工場(こうば)には、
納品前のできたての建具だけでなく
木くずに、カンナ屑、おが屑など
木にまつわる、いわゆるゴミが
いっぱい出ます。

家ではその木のゴミでお風呂も
沸かします。

とにかく家中、木なんです。

高校2年のとき、工場兼自宅からは
離れたところに新しく家を建てました。

予鈴が鳴ってから自転車で走っても
遅刻しないぐらい学校の近くに。

工場と家が離れたことで、
おがくずの埃っぽさはなくなるし、
騒音はしないし。
「いいな」と思うことが多かった。

でもあるとき、友達に言われたんです。

「牧野、木の匂いがしなくなったな」

このとき、
生まれてはじめて気づきました。

生まれたときからずっと
木の香りの中で暮らしていたんだと。

そして、木の香りが
自分の体に染み付いているってことも。

#6
建具屋、継がない。

小学校へ上る前は、
「たてぐやになる」
と言っていた少年も高校生になると
進路を考える時期がやってきました。

父から店を継いでほしいとは
兄弟3人とも言われたことはなく、
すでに、一番上の兄は東京へ出て
会社勤めをしていました。
すぐ上の兄は実家にとどまり
建築士として名古屋の設計事務所に
勤めていました。

兄たちと同様、父からは、
「大学へは行かせてやる」
と言われていましたので、
どこを受験するか。

理系の進学に強い県立高校だった
のですが、数学は1年生の1学期で
つまづき、高校で学ぶ数学のことは
まったく覚えていません。
卒業できたのが今でも不思議。

なので当然、選択肢は文系。

ある日、すぐ上の兄が私の部屋へ
入ってきて、
「大学で経営を学んでこないか?」
と聞きました。

将来独立して自分の設計事務所
を開く夢を持っていた兄は、
その事務所と家業の建具屋の経営を
まとめて私がみてはどうか、
というのです。

ものづくりは職人さんたちに任せて
経営だけをみればいい。
このまま父一代で終わらせるのは
もったいない、ということでした。

私の答えは、

「やだ」

高校3年生当時の私にとって、
経済学部とか経営学部って
一番興味のない学部だったんです。

それに、木製建具の注文が減る一方で
その分をアルミサッシが埋め合わせて
おり、この状況は進むだろうな、と
感じていました。
アルミサッシって、ずっと手伝って
いて、魅力がなかったんです。

だから大学は自分で選びました。
そのとき思い描いていた将来のために。

この時点で、兄弟の中から
建具屋の後継者が出ないことが
確定しました。

#7
建具屋、廃業。

高校三年のとき、進路のことで、
父からではなく兄から継がないか問われ
「やだ」と答えた私。

大学からは親元を離れ一人暮らし。
なかなか家には帰らなくなりました。
だって、怖くて厳しい父親はいないし、
口うるさい母親もいない。
羽を伸ばしちゃいますよね。

大学卒業後、東京で就職してしまうと
もうほとんど帰ってません。

お盆休みのような決まった休みの制度が
会社にはないのをいいことに、お盆は
「仕事で帰れない」などと理由をつけて
ほとんど帰りませんでした。

そのくせ9日間の夏季休暇をとって
バイクでツーリングに行ってましたから
とんでもない親不孝者です。

正月だけは帰ってましたが。

社会人になって4年ぐらい経ったころ、
客先のプロジェクトルームへ出勤すると
突然会社の総務から出先へ連絡があり、
「すぐにご実家に連絡してください」
とのこと。

実家へ電話してみると、叔父さんが出て
父がもうすでに冷たくなっている
と告げられました。

本当に突然のことでした。
前の晩、父に電話しようと思っていたのに
電話できなかったことを後悔しました。

火葬場の関係で告別式まで日が空いていて
その間ずっと父の側にいたのですが
毎晩の弔問がありました。
父の仕事関係の仲間の人たちです。

みなさん、
父の顔をみて涙を流しているんです。

死んだら涙を流してくれる仲間がいる。

父が誇らしかったし羨ましかったです。

私も小さい頃から知っている人たち。
でも、高校あたりからほとんど
お会いしていません。

私が末の息子だとわかると、
みなさん、言うんです。

継がないか

と。

お父さんがこれだけの店にしたのに
終わらせるのはもったいない。
仕事のことはオジサンたちが
教えてやるから。

そうこうしているうちに告別式。

葬儀屋さんが「これだけの規模のご商売
でしたら200〜300人でしょう」と予想
した参列者の数を上回る500人の方々が
父を見送りに来てくださいました。

こんな時になって初めて
父の偉大さを知らされるとは。

告別式、初七日を終えて、
店をどうするかを話し合い。

というより、母は店をたたむことを
決めていました。
収入の不安定な自営業は、これを機に
もう終わらせたいと願っていました。
息子たちが安定して給料をもらえる
会社員でいてほしいと願っていました。

それまで店を継ぐなんてことを
考えていなかった私。
だから店を継ぐということが
どういうことなのかわからなかったし、
何から始めればいいのか、
何をすればいいのか想像もつかない。

まして、頼りの父はもういない。

当時の仕事の方はというと、
システムエンジニアとして一人前と
認められつつあり、
当時の先端分野をやらせてもらっていて
これから、というところ。

木製建具からアルミサッシへの
移り変わりはさらに進んでいて、
職人さんもその頃は一人だけ。
商売の勢いは見えている。

なんだかんだ考えても
怖くて継げなかったんだと思います。

いろんなことが怖くて。

ただ、
父が築いたものをなくしてしまうこと
店の名前が消えてしまうことには
罪悪感のようなものを感じていました。

#8
建具屋廃業から四半世紀

高校卒業後の進路を決めるとき、
そして、父が急死したとき。

二度あった家業を継ぐ機会を見送り、
店をたたむことに。

父の築いたものを失くしてしまったこと
店の名前が消えてしまうことに
罪悪感のようなものを感じました。

父の死から四半世紀。
中小企業診断士の資格を取り
独立しました。

父と同じく自営業です。
母が生きていれば反対したでしょう。

独立に際して、
かつての父の店の屋号だけでも
復活できないかと、
自分の事務所名にすることも
考えました。

しかしながら、
中小企業診断士の事務所の名前が
建具屋の店名では、混乱を招くし
自分が商売上も苦労するだろうと
諦めました。

やっぱり屋号さえも残せない…

独立してしばらくしたころ、
沖縄の離島にある木工所を紹介され
中小機構のアドバイザーとして
訪問しました。

訪問時は社名から、
木製の小物を作っている会社
という認識でした。
製造方法も機械で量産しているのでは
と思っていました。

ところが。

工場をのぞかせていただくと、
子供の頃の記憶がブワーっと
蘇ってきました。

まず、工場の中へ入った時の匂い。
子供のころ遊び回った自宅兼工場の
あの匂いとまったく同じだったんです。

そして並んでいる機械。
家にあった機械とほとんど同じ。
違うのは電子制御になっていること
ぐらい。

仕掛中や出来上がった製品を
立て掛けてある景色も同じ。

この会社では、家具が中心だけれども
建具もやるんだそうです。

ただ一点、違うところは、
アルミサッシがないこと。

木工だけで経営されているんです。

「できるんだ・・・」

四半世紀前に、私が

「もう無理だろ」

と思っていた木工で、
現在もしっかりとした業績をあげて
らっしゃるんです。

#9
継げるものがあることが羨ましい

中小企業診断士として独立後、
中小機構のアドバイザーとして
訪問した離島の木工所。
工場に入ると、子供の頃に
見た景色、包まれていた匂い
がありました。

社長さんとその後何度もお会いし、
お酒も一緒に飲んでお話を伺って
わかってきたことがありました。

この社長さんも二代目。
音響関係の仕事をしていたけど
別の木工所で修行した後に
お父さんのあとを継いだそうです。

そして、
継いでから会社の業績を拡大し、
技術力を評価されるようになって
きたことも。

私にはできなかったことを
この社長さんは全部やってきた。

アルミサッシに駆逐されるのではと
足を踏み入れることさえしなかった私。

当時の私にはそんな
知識も知恵もなかったし、
勇気もなかった。

中小企業診断士となった今なら、
父の店を生き残らせる道はあった
と確信できます。
だってその実例が目の前にある。

ただ、これから始めるには
あまりにも遅すぎる。

継ぐべきだったはずのものが
もう跡形もなくなってるんです。

今の自分にできることといえば
継ごうとしている人、継いだ人の
伴走をすること。

継げるものがあることが
私にとっては羨ましいんです。

継いだ人、継ぐ人、
みんな集まって話しませんか?

なぜ二代目Cafeを開くのか

#1
二代目Cafeを始めようと思ったわけ

サポート役の渋谷高歩さんと一緒に、どうして二代目Cafeを始めようと思ったのかをお話しています。

#2
四代目登場

創業90余年。大阪にある井上染工株式会社。
現在ご案内中の「二代目Cafe」きっかけは、
井上染工(株)の四代目となる予定の井上篤さんとの出会いです。

会社の近くの商店街の喫茶店でオムライスを二人で食べてるとき
「こんなのどう?」
と篤さんからアイディアを出してもらったのが始まりです。
この動画では、そうした提案の背景を伺いました。

#3
どんなCafeにしよっか

この動画では、こんなCafeにしていきたいなぁ
といったことを話し合っています。
お相手は先の動画に引き続き、
井上染工株式会社 四代目予定の井上篤さんです。