ブログ

2021.10.08

手を後ろに組む

コンサルティング会社時代、
チームを率いてプロジェクトを進める
のが仕事だった私は、
「自分がいなくても仕事が回る」
のを理想形としてチーム作りを
していたと前回書きました。

ドラッカーも

リーダーにとって最悪のことは、
辞めたあと組織ががたがたになることである。

と言っています。

では、私がどうしていたのか。

それは、以前にも書きましたが、
基本姿勢として

手を後ろに組む

です。

私がマネージャーになりたての頃、
リーダーとして忙殺されていた私に対して
同僚のマネージャーがくれた一言が

牧野さん、ダメですよ。
手を後ろに組んじゃいましょ。

でした。つまりは、

「現場の仕事に手を出すな」

ということ。

プレーイングマネージャーよろしく
現場の仕事もこなそうとするのを
やめたんです。

自分がやったほうが早い、
というときでもやらないようにしました。

現場の仕事に手をつけると
どうしてもそちらが優先になってしまう。
すると、リーダーとしての仕事は
みんなが帰ってから。

最初のうちはよくても、
だんだんと仕事が回らなくなってくる。

そうして知らず知らずのうちに
チームを危険な状態に近づけていく…

同僚からのこの一言をもらったとき
まさに私のチームはそんな状態でした。

それ以来、
「手を後ろに組む」
を心がけるようにしています。

あなたは、手を出しています?
それとも、手を後ろに組んでいます?